「ファスト映画」投稿で懲役2年求刑 著作権法違反罪の初公判

[PR]

 映画を短く無断編集した「ファスト映画」をネットに投稿したとして、著作権法違反の罪に問われた無職高瀬拳也被告(25)=札幌市東区=ら3人の初公判が2日、仙台地裁(大川隆男裁判長)であった。いずれも起訴内容を認めた。検察は主犯とされる高瀬被告に懲役2年、罰金200万円を求刑して結審した。弁護側は執行猶予付きの判決を求めた。判決は16日。

 起訴状によると、高瀬被告らは共謀して昨年6月6日~7月21日ごろ、映画5作品の映像を無断で編集してナレーションなどを入れ、ユーチューブで公開したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、高瀬被告らが映画の著作権者から警告を受けていたにもかかわらず、ネット上に別のチャンネルを開設するなどして投稿を続け、昨年4月~今年4月に計約700万円の広告収入を得たと指摘した。高瀬被告は被告人質問で「生活費を稼ぐためだった」と話した。