米バイデン氏、中国・習氏の不参加「間違いだ」 COP26を総括

有料会員記事

グラスゴー=高野遼、北京=高田正幸
[PR]

 英国グラスゴーで開かれている国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)は2日、各国首脳レベルが参加する序盤の日程を終えた。米国のバイデン大統領は同日に記者会見し、多くの成果が得られたと総括する一方、「中国にとって(習近平(シーチンピン)国家主席が)対面参加しなかったことは大きな間違いだった」と問題視した。

 習氏の不在について、バイデン氏は「世界は中国を見て『彼らはどんな付加価値を提供したのか?』と言うだろう。中国は世界中の人々に影響を与える能力を失った」と指摘した。

 さらに、「中国は世界のリーダーとして新たな役割を果たそうとしているのに出席しない。世界で最も注目を集める重要事項は気候(変動)だ。どうやって指導力を発揮するというのか」と疑問を呈した。

 同じく対面での参加を見送ったロシアのプーチン大統領にも言及し、「ロシアについても同様だ。深刻な気候問題を抱えているのに、何もせずに黙っている」と語った。

 米国も、昨年までは世界から…

この記事は有料会員記事です。残り729文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら