貨物船とさんご漁の漁船が衝突、乗組員1人が死亡 高知・室戸岬沖

[PR]

 3日午前5時50分ごろ、高知県室戸市室戸岬沖の南約10キロの海上で、石炭灰を運搬する貨物船「碧南丸(へきなんまる)」(1989トン、乗組員11人)から「漁船と衝突した。付近が暗く詳細がわからない」と118番通報があった。高知海上保安部によると、漁船は転覆し、1人が死亡した。

 同保安部によると、衝突したのは地元のさんご漁の漁船「神龍丸(しんりゅうまる)」(4・9トン、乗組員2人)。近くの漁船などが神龍丸の2人を救助し、2人は病院に搬送された。船内に取り残されていた1人は死亡し、転覆した船底上にいたもう1人は意識はあるという。貨物船の乗組員にはけがはないという。