フェイスブック、投稿の顔認識を停止へ 10億人分の顔データは削除

有料会員記事

サンフランシスコ=五十嵐大介
[PR]

 米メタは2日、傘下のフェイスブック(FB)の「顔認識機能」を数週間以内に停止すると発表した。顔認識のために蓄積していた10億人分以上の顔写真データも削除するという。FBへの批判が強まるなか、「社会の懸念の高まり」を考慮したとしている。

 FBの顔認識機能は、2010年に導入された。顔写真や動画が投稿された場合、FBが持つ利用者の顔データをもとに自動的に認識して、顔写真と利用者の名前をひもづける「タグ付け」などの操作を提案するしくみ。FBの利用者のうち、3分の1以上がこの機能を「オン」にして利用しているが、これをなくすことにした。

 自分がこの機能を「オン」にしているかどうかは、FBアプリの「メニュー」から「設定とプライバシー」の「設定」を選び、「顔認識機能」を選ぶと確認できる。

機能廃止の狙いは? 顔認識技術は継続 

 メタの人工知能(AI)部門…

この記事は有料会員記事です。残り642文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    藤井涼
    (CNET Japan編集長)
    2021年11月4日11時24分 投稿

    【視点】顔認証技術については、各社が開発を競い合う一方で、度々プライバシーや人権に対する問題に直面しているほか、有色人種の方の認識率が低いことも指摘されています。また、米国の州や都市の中には、警察や政府機関による顔認証システムの利用禁止を決めたとこ