トランプ氏を批判したら「裏切りだ」 地元で四面楚歌の共和党議員

有料会員記事

ワイオミング州=大島隆
[PR]

 民主、共和両党が米上下両院の過半数を争う来年11月の中間選挙まで1年。選挙に向けた動きを追った。

 「彼女が皆さんを代表していると思いますか?」

 「ノー!」

 米西部のワイオミング州シェリダンでの共和党主催の夕食会。ゲストスピーカーのトランプ前大統領の側近が問いかけると、会場の人々から一斉に声が上がった。

 聴衆が怒りの矛先を向けたのは、地元選出のリズ・チェイニー共和党下院議員だ。

 ワイオミング州は、元々はチェイニー氏の金城湯池だった。父親のディック・チェイニー氏は同州選出の下院議員やブッシュ(子)政権の副大統領を歴任。チェイニー家の知名度と影響力は絶大で、娘のチェイニー氏も過去3回の選挙では圧勝を重ねてきた。

 ところがいま、異変が起きている。大統領選挙敗北後も「大規模な不正があった」と根拠のない主張を続けるトランプ氏に対して、チェイニー氏が「民主主義を傷つける」と批判の急先鋒(きゅうせんぽう)に立っているからだ。

 カウボーイ姿で夕食会に出席…

この記事は有料会員記事です。残り3304文字有料会員になると続きをお読みいただけます。