同僚をクレーンでつるすなど暴行容疑で作業員4人逮捕 鹿児島県警

町田正聡
[PR]

 鹿児島県薩摩川内市の川にかかる橋の補修工事現場で、作業員をクレーンでつるし上げて振り回すなどしたとして、県警は3日、同じ現場で働いていた同僚ら4人を暴行容疑で逮捕したと発表した。いずれも容疑を認めているという。

 捜査1課などによると、逮捕されたのは鹿児島県鹿屋市上野町の山下昌司(43)▽宮崎県都城市南横市町の黒木寿(25)▽同市蓑原町の黒木成(23)▽同市久保原町の深江一人(50)の4容疑者。8月26日午前9時15分ごろ、薩摩川内市の川内川河川敷で、鹿児島県曽於市末吉町二之方の小森一郎さん(当時50)をトラックのクレーンにつり下げて振り回したり、川に投げ入れたりする暴行を加えた疑いがある。

 小森さんと4容疑者は、川内川にかかる天大橋の補修工事にあたっていた。

 小森さんは10月6日午後3時45分ごろ、工事現場付近の川底に作業服姿のまま沈んでいるところを発見された。4容疑者のうちの1人が「作業員が川でおぼれた」と119番通報し、その後、死亡が確認された。外傷はなく、死因は溺死(できし)。県警は小森さんがおぼれた経緯についても詳しく調べている。(町田正聡)