中国で前副首相との不倫告発? ネットで騒動、韓国ドラマにもあおり

北京=高田正幸
[PR]

 中国の著名プロテニス選手が共産党最高指導部メンバーだった張高麗(チャンカオリー)前副首相(75)と不倫関係にあったことを告発したとされるSNS上の投稿が、波紋を呼んでいる。内容の真偽は不明だが、「総理と私」というドラマが動画サイトから削除されるなど騒ぎが広がった。

 波紋を生んだのは、四大大会のウィンブルドンや全仏オープンの女子ダブルスで優勝経験もある彭帥さん(35)のものとされる投稿。2日夜に投稿された後、すぐに削除されたが、元指導者のスキャンダルとなりかねない内容だけにSNS上で拡散した。

 張氏は習近平(シーチンピン)指導部が発足した2012年から党最高指導部の一員である党政治局常務委員を務め、17年に引退した。当局も神経をとがらせている模様で、女性主人公と首相をめぐる韓国の恋愛ドラマ「総理と私」が動画サイトで見られなくなったり、書き込みに関するSNSのメッセージやメールが相手に届かなくなったりした。

 中国では敬意を込めて、副首相は「副」を外し、首相を示す「総理」と呼ばれることが多い。(北京=高田正幸)