場所も相手も自分が決める コクヨ社長が実験オフィスでめざすもの

有料会員記事KANSAI

聞き手・宮川純一、写真・遠藤啓生
[PR]

 コロナ禍でテレワークやリモート授業が増えるなか、「仕事や勉強に集中できない」「コミュニケーションがはかどらない」といった悩みも多い。文具やオフィス家具をつくるコクヨ(大阪市)は実験オフィスを立ち上げ、新しい働き方を模索している。黒田英邦社長(45)に実験のねらいを語ってもらった。

関西ニュースレター

関西発のおすすめニュースを週1回お届けします。こちらから登録できます。

 ――コロナ下で、文具やオフィス家具の活躍する場面である働き方や学び方の変化をどう見ていますか。

 「デジタル化が進み、オフィスや学校ではリアルとデジタルを組み合わせるのが、当たり前になりつつあります。コロナ禍でウェブミーティングやオンライン授業が加速し、シーンごとに商品をつくるのでは、世の中のスピードに間に合いません」

 「今年2月に定めたコクヨの長期ビジョンでは、変化に追随できていないとの危機感を表明しました。事業をつくるプロセスのデジタル化に取り組み、デジタルを前提にした働き方・学び方になるように会社として進めなければいけません」

 ――今年2月、東京に地上5階の北館、地上11階の南館からなる、働き方の実験施設「ザ・キャンパス」を開きました。

実験施設にはどのような狙いがあるのでしょうか?そしてコクヨが提案する新しい働き方とは――。 記事の後半では、コロナ禍で定着したリモートワークのヒントを探ります。

 「自社ビルをリニューアルし…

この記事は有料会員記事です。残り1803文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!
#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]