中国の核弾頭、2030年までに1千発保有か 米国防総省が報告書

ワシントン=園田耕司
[PR]

 米国防総省は3日、中国の軍事力を分析した米議会向けの年次報告書を公表した。中国が2027年までに最大700発の核弾頭を保有し、さらに30年までに少なくとも1千発の核弾頭を保有する意向を持っている可能性が高いと分析した。

 前年の報告書では、中国が200発超の核弾頭を保有していると指摘し、今後10年間で少なくとも倍増させると予測していた。今年の報告書ではその予測を大幅に引き上げた格好だ。報告書は「中国は核兵器の拡大のペースを加速させている」と指摘した。

 報告書ではまた、中国が固形燃料を使用した大陸間弾道ミサイル(ICBM)の地下格納庫を少なくとも3カ所で建設し始めていることも明らかにした。

 中国が先行している極超音速(ハイパーソニック)兵器の開発については、20年からすでに実戦配備が開始されていると指摘。米中間で緊張の高まる台湾問題をめぐっては、「中国は台湾周辺での軍事作戦と台湾海峡有事に備えた軍事訓練を執拗(しつよう)に行っている」と指摘し、警戒感を示した。(ワシントン=園田耕司