イカゲーム、ゴン攻め、リアル二刀流… 今年の流行語は? 候補発表

[PR]

 今年の世相を反映した言葉に贈られる「2021ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)にノミネートされた30語が4日、発表された。昨年は新型コロナウイルス感染症に関する言葉が半数を超えたが、今年は「ゴン攻め/ビッタビタ」や「ピクトグラム」など五輪関連が目立った。コロナでは「自宅療養」「黙食/マスク会食」などが入った。大谷翔平選手の「リアル二刀流」「ショータイム」、ネットフリックスが配信して世界的ヒットになっている韓国ドラマ「イカゲーム」も挙がっている。

 社会の厳しさを映し、「親次第で人生が決まってしまう」という人生観を示す「親ガチャ」、家族の介護や世話を担う子どもたちを指す「ヤングケアラー」も選ばれた。

 昨年の年間大賞は「3密」、一昨年は「ONE TEAM」だった。今年の年間大賞とトップ10は12月1日に発表される。

ノミネートされた30語

イカゲーム▽うっせぇわ▽ウマ娘▽SDGs▽NFT▽エペジーーン▽推し活▽親ガチャ▽カエル愛▽ゴン攻め/ビッタビタ▽ジェンダー平等▽自宅療養▽13歳、真夏の大冒険▽ショータイム▽人流▽スギムライジング▽Z世代▽チキータ▽チャタンヤラクーサンクー▽ととのう▽ピクトグラム▽フェムテック▽副反応▽変異株▽ぼったくり男爵▽マリトッツォ▽黙食/マスク会食▽ヤングケアラー▽リアル二刀流▽路上飲み