ヒロイン・上白石×ジャニーズ・松村の「カムカム」 英語に魅せられ

有料会員記事

聞き手・西田理人
[PR]

 11月1日に放送の始まったNHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」。岡山編のヒロイン橘安子を演じる上白石萌音と、安子の運命に大きな影響を与える青年・雉真稔役の松村北斗(SixTONES)が、役作りや見どころについて語った。

カムカムエヴリバディ

朝ドラ史上初めて、3世代3人の主人公が登場し、舞台も岡山から大阪、京都へと移り変わる。100年の物語をつなぐのはラジオ英語講座。初代主人公の安子は、ラジオ放送の始まった1925年生まれ。岡山の和菓子屋の看板娘として育ち、ラジオを通して英語に興味を抱く。

 ――いよいよ放送が始まりました

 松村「とにかく早く日本中の皆さんに楽しんでもらいたいです」

 上白石「今年3月のクランクイン時はずっと先だと思っていたのに、あれよあれよという間に時間が過ぎて……。温かさや優しさが詰まっている作品の魅力を、皆さんと分かち合いたいという気持ちでいっぱいです」

踏み入れるだけで「昭和の世界観」

 ――戦前から戦中を生きる若者たちを演じるにあたり、どんな役作りをしましたか

 上白石「役と年代的には少し違うけれど、鹿児島の祖父母に戦時中のことをたくさん聞きました。どういうふうに過ごしていたのか、何がつらくて何が楽しかったのか。大変さやひもじさを非常に感じていたそうで、それを聞いて『本当にあったことなんだ』という実感がわいたし、リアリティーをもって演じなければと改めて気が引き締まりました」

 松村「数年前に戦争を題材にした舞台に出演したことがあり、そのときに当時の社長(故ジャニー喜多川さん)から戦時中の経験を聞かせてもらいました。今回は、そのときの話や気持ちを思い出す作業をしました。また、僕の役には弟(村上虹郎)がいるのですが、実際の僕には兄がいます。考え方や目線の置き方を、兄の立場に変えるのがなかなか難しかったですね」

 ――細かく作り込まれた商店街のセットから、昭和の空気感が伝わります

 上白石「踏み入れるだけでタイムスリップしたような感覚になるセットで、演じる時に昭和らしさを無理に意識する必要もありませんでした。松村さんも村上さんも学ラン姿や髪形がとても似合うし、私自身も令和というより昭和なタイプだと思うので(笑)。姿を見るだけでその世界観に入り込めました。ただ、ドラマ冒頭の安子は14歳ですが、今の中学生とは感覚が全然違うはず。安子は小学校を出て働き始め、大人とみなされている。16歳で『良い年頃だからお見合いをしろ』とも言われます。少女から大人へどう変わっていくのか、想像しながら演じました」

 松村「僕が街の空気感をつかめたと感じたのは、(安子と稔が出会う)書店のセットです。そこに置いてある1冊1冊にこだわりがあって、並んだ背表紙を見慣れていく過程で、自分が現場の一部になっていくような感覚があった。撮影の空き時間にセットを眺めていると、色々な発見があったので、ぜひ皆さんにも見てもらいたいですね」

 上白石「今なら古本屋に置かれているような本が新刊として置かれているのが新鮮でした」

 ――冒頭で安子の着ている花柄のワンピースなど、今回は衣装も印象的です

 上白石「ワンピースは本当に可愛らしくて、安子が家族の愛情をたっぷり受けて育ったことを示す象徴のような存在です。安子の成長や時代の変化に合わせて、衣装もどんどん変わっていくので、そこも楽しんでいただけたらと思います」

 ――和菓子屋の店番をしている時に、稔と初めて出会ったシーンが印象的でした。稔を見送る時、さっと髪をかき上げるさりげないしぐさが、記憶に残っています

 上白石「多くのことが詰まっ…

この記事は有料会員記事です。残り1942文字有料会員になると続きをお読みいただけます。