日本ハムの新庄監督とは全然違う…… 「立浪色」は中日を変えるのか

有料会員記事

山田佳毅
[PR]

 11月4日の午後2時過ぎ、札幌では型破りな会見が開かれていた。日本ハムの新庄剛志監督(49)の就任会見だ。

 色つきサングラス、短く突き立てた茶髪、チェックの入った赤茶色の上下スーツ。白いシャツの大きな襟を立て、胸元にネックレスをのぞかせながら登場した。「監督っぽい格好で来ました」と話し、報道陣の爆笑を誘った。

 その約4時間前――。

 名古屋市中川区のナゴヤ球場のグラウンドには、少しぴりっとした空気が流れていた。

 この日は、中日ドラゴンズの秋季キャンプの始動日。与田剛監督に代わり、新しく就任した立浪和義監督(52)が就任後初めて、選手に顔を見せた。きちっとしたスーツ姿だった。

 立浪監督は選手らを前にして話した。

 「目的は個々のレベルアップ」「一人ひとりが課題に向き合い、時間を無駄にしないようにしてほしい」

 そして、こう付け足した。

 「気持ちのいいあいさつができるようになってほしい。グラウンドにいる関係者にも。ドラゴンズの選手はしっかりあいさつができるな、と思われるよう、徹底してほしい」

 選手の立ち居振る舞いは、プレーにも表れる。そんな信念が、立浪監督にはある。

 選手の「あるべき姿」を公言したのは、これが初めてではない。

 約1週間前の就任会見では、選手の身だしなみに言及していた。

 「長いプロ野球の歴史の中、時代は変われど、そっちの方(髪の形や色、ひげなどにこだわること)に引っ張られて、長く活躍できた人っていないじゃないですか」

 「スポーツマンはスポーツマンらしく、という言葉があるように、ファンが見ても好感の持てる方がいいと自分は思う。極端にスポーツ刈りや丸坊主にしろ、と言っているわけではない」

 始動日にあえてあいさつの大切さを訴えたのも、プロ野球選手であるのと同時に、スポーツマン、社会人であることをしっかり自覚してほしいから。

 「社会人としても当然のことだと思いますよ」

 きっぱりと言った。

 自身の考えとは好対照ともいえる、新庄監督の会見。

 でも、それを否定するわけではなかった。

 「会見、ちらっと見ましたよ…

この記事は有料会員記事です。残り388文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    竹田竜世
    (朝日新聞スポーツ部次長=主に高校野球)
    2021年11月5日20時58分 投稿

    【視点】 「監督になって、生活面でも目を光らせるか」   日本ハムの新庄監督は同じ日に開いた会見で問われ、言っています。  「もちろんです。人間性というものは大事。人の悪口は言わない、いただきます、ありがとうございました、を言える選