ガソリン9週連続値上がり168.7円 暮らしや企業に広がる影響

有料会員記事

新田哲史 ロンドン=和気真也 伊藤弘毅田幸香純
[PR]

 原油の需要が世界的に増えるなか、ガソリン価格が9週連続で上がった。様々な商品やサービスの値上がりにつながり、家計や企業に影響が広がる。増産を求められている主要産油国が、どこまで対応するのか注目される。

 日本エネルギー経済研究所石油情報センターは、1日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)が1リットルあたり前週より1・4円高い168・7円だったと4日に発表した。値上がりは9週連続で、約7年ぶりの高値水準が続く。

 灯油はタンク1個分の18リットルあたりで前週より29円高い1939円で、こちらも約7年ぶりの高値。センターによると国内の石油元売り大手は4日以降の卸価格を1・5円程度下げたとみられ、来週はガソリンや灯油の価格は下がりそうだ。

 原料である原油は高値が続く。指標となる米国産WTI原油の先物価格は、在庫の積み増しから一時下がってはいるものの、1バレル=80ドル前後と約7年ぶりの水準だ。世界的に経済活動が再開し原油の需要は増えるが、中東やロシアなどの主要産油国の増産ペースは緩やかだ。外国為替市場での円安傾向も原油調達のコスト増の要因となっている。

 日本や米国などは産油国に増…

この記事は有料会員記事です。残り1315文字有料会員になると続きをお読みいただけます。