うつぶせの女性と女児、茫然と突っ立つ容疑者 2人重体事故

有料会員記事

小沢邦男
【動画】岡山総社事故=撮影三澤泰博
[PR]

 幼稚園に登園途中だった親子2組、計4人に乗用車が突っ込んだ。4日朝、総社市総社1丁目の国道180号の横断歩道で起きた事故。女性(46)と女児(4)が意識不明の重体となっている。そのとき何が起きたのか。

 「救急車を呼んでくれ」。現場の東約40メートルにあるガソリンスタンドの男性店員(42)は、事故を目撃した人から頼まれ119番通報した。すぐに現場に駆けつけると、東へ向かう車線に運転席側のボンネットがへこんだ乗用車が止まり、車道上に3人が倒れていた。

 対向車線には、うつぶせの女性。車のそばには、うつぶせの女児と、横向きで「足が痛い」と訴える女性が倒れていた。複数の通行人が「頑張って。救急車がすぐ来る」と励ましていた。路側帯付近では女児が地面に座り込み、通行人が介抱していた。

 自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕された林田覚容疑者(64)は、車の外で茫然(ぼうぜん)とした様子で突っ立っていたという。

 近くの男性店主(71)は「…

この記事は有料会員記事です。残り286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!