急逝に社員は泣いた キリンを復活させた男、最後になったメッセージ

有料会員記事

山下裕志
写真・図版
キリンビールを業界トップに返り咲かせた布施孝之さん。クラフトビールにも注力した。「ビールはワクワクする楽しいものだと感じてもらいたい」=2019年、東京都内、山本和生撮影
[PR]

 キリンビールの現役社長だった布施孝之(ふせたかゆき)さん(享年61)が9月1日、心室細動で亡くなった。長くトップシェアを誇ってきたキリンだが、社長に就いた2015年はアサヒビールを追う2番手に甘んじていた。「長期的な負け戦」と現状を認めるところから始め、やがて首位奪還に至る「布施改革」は、どのようなものだったのか。亡くなる当日、くしくも社員に届けていたメッセージとは。

 経営の原点は、「布施改革」が始まる10年ほど前、長く営業畑を歩んで大阪支社長に就いた時にさかのぼる。

 サントリーやアサヒといった…

この記事は有料会員記事です。残り1119文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!