• アピタル

モデルナ、ワクチン売り上げを下方修正 株価2割近く急落

新型コロナウイルス

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 米モデルナは4日、新型コロナワクチンの今年の売上高が150億~180億ドル(1・7兆~2・0兆円)になる見込みだと発表した。従来見通しの200億ドル(2・3兆円)から引き下げた。

 生産能力の拡大や低所得国への供給を優先することで、年内に予定していた出荷の一部が来年にずれ込むという。この発表を受け、モデルナの株価は前日の終値より17・89%急落した。

 4日に開いた今年7~9月期の決算発表で明らかにした。ワクチンの今年の供給量の見通しも、従来の8億~10億回分から7億~8億回分に引き下げた。

 来年の売上高は170億~220億ドル(1・9兆~2・5兆円)を見込む。このうち各国の政府などとの契約を170億ドル(1・9兆円)、追加購入分やブースター接種向けを最大で50億ドル(0・6兆円)と見込む。(ニューヨーク=真海喬生)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]