コルナイ教授の遺言 中国という「モンスター」とつきあうためには

有料会員記事

編集委員 吉岡桂子
[PR]

記者コラム 「多事奏論

 彼は中国を「モンスター」と呼ぶようになっていた。その怪物を生んだ「フランケンシュタイン博士」に自らを例えた。

 ハンガリーの経済学者、コルナイ・ヤーノシュさんが10月18日に亡くなった。93歳だった。国家が仕切る社会主義体制下で経済が成長する限界を分析した研究は、東西冷戦の終わりと旧ソ連・東欧の体制転換に知的な力を吹き込んだ。ノーベル経済学賞候補にも名前があがった泰斗である。

 市場経済化に向けてかじを切った中国にも1980年代以降、大きな影響を与えた。代表作「不足の経済学」など、ほぼすべての著作が中国で翻訳出版されている。85年に趙紫陽首相(当時)から招かれて初めて訪中して以降、改革を支える理論を求める官僚や研究者らを魅了した。

 コルナイさんは政治と経済を切り離さず、現実を丸ごととらえた分析が持ち味だ。だが、中国は彼の市場化への助言をつまみ食いするかのように、政治改革は置き去りにして経済成長を続けていく。

 私が最後に会ったのは、19…

この記事は有料会員記事です。残り1119文字有料会員になると続きをお読みいただけます。