観客席の「あれ」 作った脱サラ開拓者「夢を見るのは自由だろ」

有料会員記事スポーツPlus

辻隆徳
[PR]

 これって誰が作った?

 世の中には、そう思う不思議なものが多々ある。

 1枚目の巨大フラッグの写真を見て欲しい。約1年前、サッカーJ1川崎フロンターレ中村憲剛の引退セレモニーで、スタンドに広げられた横断幕だ。その長さ、40メートル!

 このフラッグ、還暦をとっくに過ぎた旗職人がいなければ、生まれなかった。

スポーツPlus

スポーツPlusはオリジナル記事を有料会員の方にメールで先行配信するニュースレターです。今回は11月9日配信分をWEB版でお届けします。

 影山洋、65歳。埼玉県蕨(わらび)市で旗専門店「染太郎」を営む、昭和生まれの頑固おやじは、こう言い切る。

 「日本のスポーツ界に旗文化を広めたのは、自分」

 今、Jリーグ、プロ野球で観客席に広がる巨大な旗は珍しくないが、誰よりも早くそれを手がけ、応援スタイルを編み出したという自負がある。

 なぜ作るのか、には訳がある。人を幸せにしたいという願い、そして、かなえたい夢がある。

 20代前半のころ、「旗」と…

この記事は有料会員記事です。残り1306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
スポーツPlus

スポーツPlus

競技に生きる、そこに生きた、それを支えた人たちの、勝ち負けだけじゃない物語を描きます。ニュースレター「スポーツPlus」は、有料会員の方に毎週お届けします。[記事一覧へ]