うどん脳、エステで「ツルピカ」 生誕10周年、自慢の肌取り戻す

有料会員記事

堅島敢太郎
[PR]

 脳みそがうどん玉の香川県のご当地キャラクター「うどん脳」が生誕10周年を迎え、「美容エステ」を受けた。高松市内で10月にあった記念イベントで、デビュー時の「白さ」を取り戻した姿を披露した。

 うどん脳は、うどんを食べ続けて脳みそがうどんになった「妖怪」。高松市のデザイナー岡谷敏明さん(50)が2011年に生み出した。

 当初は、脳みそむきだしのデザインが話題になったものの、「気持ち悪い」「不気味」と敬遠気味の反応も。海外では「うどんゾンビ」と呼ばれたこともあったという。

 状況が一変したのは、ご当地…

この記事は有料会員記事です。残り391文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら