コロナ禍での忘・新年会、地域で温度差 沖縄と宮崎の企業は積極的

新型コロナウイルス

福岡龍一郎
[PR]

 年末年始に忘年会や新年会を開かないと回答した企業が東北6県で73・0%に上ったと、東京商工リサーチが発表した。昨年12月の調査では「開催しない」は90・6%だった。コロナ禍による「宴会離れ」の影響は長引きそうだ。東北では岩手県が最も開催に慎重で、宮城県は最も積極的だった。

 同リサーチは10月1~11日にインターネット上でアンケートを実施。全国で8174社、東北6県では651社から有効回答を得た。

 東北6県で「緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に関係なく開催しない」とした企業は岩手県で最も多く79・0%だった。続いて秋田県が76・1%、山形県が74・5%だった。同県鶴岡市では10月中旬、地域経済の回復のため、忘年会に積極的に参加することを促す文書を職員に通知したところだった。

 一方、宮城県は「開催しない」とした企業は66・9%で6県の中で最も少なく、開催に積極的だった。福島県(70・9%)、青森県(74・2%)が続いた。調査の担当者は「地域ごとにコロナへの警戒感に温度差があり、繁華街のある宮城県など都市部ほど開催に積極的な傾向だ。飲食店での感染対策も進み、人々に安堵(あんど)感が広がっているのでは」と話す。

 「開催しない」と回答した企業は全国では70・5%。最も慎重だったのは奈良県で84・3%、続いて大分県で81・8%。開催に積極的なのは沖縄県で48・6%、宮崎県で49・1%だった。(福岡龍一郎)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]