将棋の藤井聡太三冠、王将リーグ3連勝で挑戦に前進

有料会員記事

佐藤圭司
[PR]

 将棋の藤井聡太三冠(19)=王位・叡王・棋聖=が5日、大阪市福島区関西将棋会館で第71期王将戦毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社主催)の挑戦者決定リーグ戦(通称・王将リーグ)の対局に臨み、豊島将之竜王(31)に101手で勝ち、リーグ成績を3勝0敗とした。藤井三冠は残り3局。無敗は藤井三冠だけで、自身初の王将挑戦に向け、前進した。敗れた豊島竜王は2勝3敗となった。

 終局後、勝った藤井三冠は「まずは前半戦をいい形で終えることができたので、残り3局もしっかり指して挑戦を目指していければと思います」「残りのリーグも精いっぱい指していきたいと思います」などと話した。

 王将戦は将棋界に八つあるタイトル戦の一つ。予選を勝ち抜いた3人の棋士とシード棋士4人の合計7人の棋士が総当たりのリーグ戦で、渡辺明王将(37)=名人、棋王と合わせ三冠=への挑戦権を争う。王将とリーグ優勝者による七番勝負は例年1月から3月にかけて行われる。

 今期の王将リーグは藤井三冠…

この記事は有料会員記事です。残り452文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    村瀬信也
    (朝日新聞記者=文化、将棋)
    2021年11月6日0時34分 投稿

    【視点】竜王のタイトル獲得まであと1勝に迫っている藤井聡太三冠が、王将の挑戦権獲得に一歩近づきました。とどまるところを知らない19歳の活躍に改めて目を見張りますが、今回は敗れた豊島将之竜王の成績に目を向けてみます。 豊島竜王と藤井三冠の公式戦での