新庄監督の会見には〝続き〟があった 「ほら、あの子。あれがいい」

有料会員記事

畑中謙一郎
[PR]

 就任会見で「優勝なんか目指しません」と言い放ち、笑いを誘った日本ハム新庄剛志新監督(49)。独壇場は、あれで終わりではなかった。

 会見の直後、別室で球団担当の記者たちによる合同取材に応じ、再び口を開いた。

 「解説者もやったことがない。コーチの経験もない。そんな俺を、監督にするぶっ飛んだ球団。すごくないですか? もう感謝しかないです。その恩は絶対に返したい」

 この1年、もし自分が監督になったらという「妄想」を抱きながら、プロ野球をじっくり見てきたという。

 「日本ハムだけでなく、全球団、2軍の試合も見ていた」

 もちろん監督目線から。思いは一つ。どうすれば日本ハムを強くできるのか。

 「レギュラーがバリバリ決まっているソフトバンクとかなら、2軍にいい子がいるかも知れない。そういう子を取りたいな、と。必死に見ていました」

 日本ハムの試合を見ながら、チームの未来を思い描いた。

 「この選手はここをこういう風に変えたら良くなるなとか、この選手はライバルがいて競わせればおもしろいな、とか。そこで外国人が入ってきたら、この子はどう使おうか、とかね」

 日本ハムで知っている選手を聞かれ、東京五輪代表に選ばれた投手の伊藤大海を挙げた。続けて口をついたのは、あの選手だった。

 「ほら、あの帝京の子。そう…

この記事は有料会員記事です。残り968文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!