自称「IQ133」の男につけ込まれ 失った3千万円の老後資金

有料記事

河野光汰、華野優気
[PR]

 日本家屋の一室に、ジーパンにシャツを着た細身の男が現れた。「私はIQ133。ロンドンの銀行で活躍した」「東日本大震災の時、私の投資情報を世界の投資家が買った」。「オカモト」と名乗る男はしゃべり続けた。

 「確かな投資だと思っていた」。岡山県の70代の男性は声を落とした。3年半前、「オカモト」の話につい耳を傾けたために、老後の蓄えを使い果たした。

 「オカモト」らは今年夏、岡山県警出資法違反容疑で逮捕された。「韓国の金取引市場への投資」を名目に、知人らを勧誘させるマルチ商法の手法を使い、多額の資金を集めていたとみられている。

 男性は自身だけでなく、知人らにも出資を持ちかけていた。その話から、多くの人が巻き込まれていった「金投資マルチ」の構図を探った。

 「配当率の良い投資があるんやけど、セミナーに参加してみない?」

 2018年6月だった。パソコン好きが高じ、地元の人を集めて開かれているパソコン教室の帰り道、男性は昔からつきあいがある知人女性に声をかけられた。

 地元の大手企業に約40年勤め、定年退職したばかりだった。妻は介護施設に入っており、持ち家の一軒家に一人で暮らす。

 楽しみは、ゲーム感覚で始めた外国為替証拠金取引(FX)への投資だった。たまに利益が出ると面白さにやみつきになった。

 老後のお金の心配をせずに過ごしたい。話を聞くくらいなら。そんな軽い気持ちで、セミナーに参加することにした。

 約2週間後、指定された会場の日本家屋へ行った。塀に囲まれ、敷地に蔵もある家だった。20畳ほどの和室に通されると、10人ほどの高齢男女が集まっていた。

「オカモト」とは何者だったのか。被害者を加害者にもしてしまう投資マルチの危うさについて、専門家にも聞きました。

 そこに「オカモト」が現れた…

この記事は有料記事です。残り2486文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!