逆転Vの鍵山優真 明かしていた不安 再確認した意識

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 鍵山優真は先月の朝日新聞のインタビューでこう語っていた。

 「今季はそれ(昨季)以上の演技や結果を残さないといけないので、すごく緊張している部分もある。それを乗り越えなければ(北京)オリンピックはないと思う」

 昨季、フィギュアスケート世界選手権の銀メダリストとなった。その肩書を背負って臨む、自身にとって今季最初のグランプリ(GP)シリーズ、イタリア大会。

 さっそく、真価が問われる場面が、やってきた。

 5日のショートプログラム(SP)。

 最終滑走で臨んだ鍵山は、演技前から緊張が顔に表れていた。

 冒頭の4回転サルコーが両足での着氷になると、続く4回転―3回転の連続トーループは単発の3回転に。ミスが連鎖した。

 「思い出せるのはひどいミスが続いてしまったことだけで、サルコーのミスから頭がパニクってしまって。そこでどうしたらいいんだろうと、対処できなかった」

 80・53点。

 自己ベストより20点以上低い点数で7位。首位には17・36点の大差をつけられた。

 立場の変化が影響したのかと問われると、「(世界選手権の)銀メダリストだから、とかは考えていない。去年は去年。今は新しい自分」。

 そう強調した上で、こう答えた。

 「自己ベストを更新しないといけないという気持ちで、逆に慌ててしまった」

 昨季の自分に勝てなかったことを何よりも悔しがった。

 「反省は今日までにして、明日起きたら、フリーに気持ちを切り替えて、頑張りたい」とも言った。

 しかし、そう簡単ではなかった。

 「(6日昼の)公式練習まで落ち込んでいた。心のどこかに不安要素がこびりついていた」

 実は今季戦う中で「不安」を抱くのはこれが初めてではない。

 先月の取材で打ち明けていた。

 「今季3試合をこなして、ま…

この記事は有料会員記事です。残り1056文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]