ロッテが最終S進出、楽天と1勝1分け プロ野球CS第1S

[PR]

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は7日、パ・リーグの第1ステージ(S、3回戦制)第2戦がゾゾマリンであり、レギュラーシーズン2位のロッテが3位楽天と4―4で引き分けた。引き分けにより勝利数が並んだ場合は上位球団が勝者になるため、ロッテが通算1勝1分けで最終S進出を決めた。

 ロッテは2点を追う二回、併殺の間に1点を返すと、四回は山口の適時二塁打で追いついた。六回は山口のソロで一時勝ち越すと、1点リードされた直後の七回にマーティンのソロで再び同点とした。

 楽天は二回、炭谷と山崎剛の適時打で2点先制。1点を追う七回は炭谷のソロと島内の適時打で2点を奪い、一時逆転したが、救援の酒居がマーティンに痛恨の一発を浴びた。

 10日からの最終S(6回戦制、1位に1勝のアドバンテージ)では、レギュラーシーズン1位のオリックス日本シリーズ進出をかけて戦う。