巨人が最終S進出、阪神に2連勝 プロ野球CS第1S

[PR]

 プロ野球のクライマックスシリーズ(CS)は7日、セ・リーグの第1ステージ(S、3回戦制)第2戦が甲子園であり、レギュラーシーズン3位の巨人が2位阪神を4―2で破り、2連勝で最終S進出を決めた。

 巨人は2点を追う三回、無死満塁から松原の適時打で1点を返すと、2死となってから丸が2点適時打を放ち、計3点を奪って逆転。八回にはウィーラーの中犠飛で突き放した。

 阪神は二回、佐藤輝と中野の適時打で2点先制したが、その後は打線が安打を放つも、つながりを欠いた。

 10日からの最終S(6回戦制、1位に1勝のアドバンテージ)では、レギュラーシーズン1位のヤクルトと日本シリーズ進出をかけて戦う。