タイトルがあとを追う世界的知将と、Jリーグ優勝クラブに見る共通点

有料会員記事

潮智史
[PR]

 今季のJリーグは立て続けに優勝クラブが決まった。ルヴァン杯で名古屋が初めて、J1は川崎が2年連続4度目。どちらも前任監督が風間八宏(やひろ)さんであることが共通している。

 思い起こすのは3年前のワールドカップ(W杯)ロシア大会である。

 国際サッカー連盟(FIFA)の技術分析班が「グアルディオラ・エフェクト(効果)」という言葉でW杯のトレンドを表現した。W杯に出場していない、クラブの知将の名前を持ちだしたことに驚いたことを覚えている。

 現在、イングランドマンチェスター・シティーで6季目を迎えたグアルディオラ監督は、スペインバルセロナで2008~12年の4季、ドイツバイエルン・ミュンヘンで13~16年の3季を過ごした。

 それぞれのクラブの所属選手を中心にしたスペインが10年、ドイツが14年にW杯で優勝。グアルディオラ監督の後を追うように王者が生まれていた。ロシア大会ではイングランドが28年ぶりに4強入りしている。

 率いるチームが次々とタイトルを取るだけでなく、攻撃的で独創的なスタイルがリーグ全体にも強い影響を与えているという評価だった。

 風間さんは16年までの5年…

この記事は有料会員記事です。残り610文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!