「最高の短期決戦用ゲーム」 巨人、大胆継投で第1S突破

松沢憲司
[PR]

(プロ野球セ・リーグ クライマックスシリーズ第1S 巨人4―2阪神)

 最後の打者を空振り三振に仕留め、巨人バッテリーはそろって大きなガッツポーズを決めた。大胆な継投を展開し2連勝。シーズンで14年ぶりに勝ち越しを許した阪神を退けた。

 分岐点が来るのは早かった。二回、先発の高橋優貴が下位打線に打たれ、1点先取された。なお2死一、三塁で、ベンチは交代を決断。2番手の高木京介がさらに1点を失ったが、「大けが」はしなかった。

 直後に打線が逆転すると、原辰徳監督はすかさず切り札を送り込む。シーズン中に先発で9勝した戸郷翔征だ。先発では、相手打線が2巡目、3巡目に入ったところで捕まることが多かった。中継ぎなら投げるイニング数が限定され、「悪癖」を封じることができる。

 昨年の日本シリーズ以来の救援登板に「調整も難しかった」と語った21歳。毎回、得点圏に走者を背負ったものの、三~五回を無失点でしのぐ。あとは、左右の救援陣が相手打線を封じ続けた。

 計8投手によるリレーに、宮本和知投手チーフコーチは「先発陣も中(継ぎ)に入ってもらって。最高の、短期決戦用のゲームができたんじゃないかな。全員で戦えた」と手応えを口にした。

 巨人が3位から最終ステージに進むのはこれで3度目。過去2度は1位チームに屈した。「挑戦権は得た。後はしっかり戦っていきたい」と原監督。トラの次は、ツバメを狩る。(松沢憲司)