男女とも西京が優勝 全国高校駅伝県予選

中川壮
[PR]

 全国高校駅伝競走大会山口県予選会が7日、山口市の山口きらら博記念公園であり、西京が男子は2時間8分56秒、女子は1時間11分56秒でともに優勝した。男子は29年連続34回目、女子は5年連続30回目の優勝。両チームは12月26日に京都市である全国大会に出場する。

 男子は7区間、計42・195キロで競った。序盤は西京と1区でトップの高川学園がデッドヒート。西京は4区で山崎草太選手(2年)が先頭を奪い返すと、守り切ってゴールした。吉村拓樹主将(3年)は「勝って当然のプレッシャーの中、力を出し切った。全国ではチーム最高記録(2013年の2時間5分57秒)を更新したい」と話した。

 女子は5区間、計21・0975キロで争った。西京は5人全員が区間賞。1区は2位の豊浦と1秒差だったが、その後は差を広げた。1区を走った田辺真奈主将(3年)は「全国への切符を手に入れられて安心している。残りのメンバーにたすきを渡すのに不安はなかった。タイムは課題が残る。全国では8位入賞をめざす」と話した。

 1~6位は11月21日に岡山県井原市である中国大会へ出場する。

 2~10位は次の通り。(中川壮)

 【男子】②高川学園③宇部鴻城④萩⑤豊浦⑥聖光⑦美祢青嶺⑧光⑨防府商工⑩山口

 【女子】②豊浦③聖光④宇部鴻城⑤萩⑥宇部⑦山口⑧中村女子⑨徳山⑩岩国