「ちょっと地味?」 真っ赤なジャージーにサングラス、新庄監督始動

[PR]

 プロ野球日本ハムで来季から指揮を執る新庄剛志監督(49)が8日、沖縄県国頭村で行われている秋季キャンプを視察し、監督として始動した。

 午前9時前、真っ赤なジャージーとサングラス姿で現れた新庄監督は、自身の服装について「ちょっと地味? 大丈夫?」と笑顔で報道陣に問いかけた。

 秋季キャンプは3日から始まり、若手を中心に参加している。4日の就任会見で新庄監督は「来季のレギュラーは決まっていない」と話し、ベテラン、外国人選手を含めた競争を促す方針を示している。

 「楽しみです。選手の身体能力、足のスピード、肩の強さをチェックするために3日間ここにいます」と話した。

 この後、新庄監督はグラウンドに移動し、選手たちを座らせて短くあいさつ。遠くから練習を見守ったり、スタッフと話し込んだり、精力的にグラウンド内を動き回った。