米社会に波打った大谷翔平という「石」 議論が議論を呼び続けた理由

有料会員記事

聞き手・中島鉄郎 聞き手・笠井正基
[PR]

 2021年は東京五輪ではなく、二刀流・大谷翔平大リーグで大活躍した年として、記憶されるかもしれない。「大谷現象」とでも言うべき社会的事件。少し違う角度から見てみた。

国際ジャーナリストの小西克哉さん

 大谷翔平をめぐる米国での議論は野球界にとどまらず、反響を広げています。大谷という「石」が、米国社会という「池」の中にポトンと落ちたら、水面が大きく波打ち、様々な波紋を作り出したのです。その揺れは米国の固有の事情によるもので、そこから、米国の言論空間の現在も見えてくると思います。

 日本でも報じられた大谷への差別発言の一つは、米スポーツ専門局でのスティーブン・A・スミス氏のものでした。要約すれば、大リーグの顔とも言える大谷が英語を話さず、通訳を必要とするのはまずいのでは、というもの。黒人であるスミス氏の発言に「アジア系への人種差別だ」と批判が殺到しました。

 日本の感覚では「大谷が英語を話せればもっといいのに」と普通に思う人もいるでしょう。それがなぜ強く「差別発言」と批判を浴びるのか。「英語を話せない」という言及自体が、移民やマイノリティーへの「一級市民になれない」「社会的に脱落している」の侮蔑を含意する、と受け取られるからです。

記事後半では、コラムニストの桧山珠美さんが大谷選手の魅力を分析。筑波大学硬式野球部監督の川村卓さんは、指導者の観点から大谷選手の「一番の功績」を語ります。

 トランプ前大統領は新型コロ…

この記事は有料会員記事です。残り3094文字有料会員になると続きをお読みいただけます。