「奴隷制の歴史、学校で強調しすぎ」 米国で急拡大する保守派の主張

有料会員記事

アッシュバーン〈バージニア州〉=大島隆
[PR]

 米国で、人種差別に関する学校教育が大きな論争となっている。「白人の子供に罪悪感を抱かせる教育を教師がしている」という声が保守派の間で高まり、選挙で争点にする動きも広がる。やり玉に挙がるのが「批判的人種理論」という多くの米国民も聞いたことがなかった言葉だ。(アッシュバーン〈バージニア州〉=大島隆

注目集める「批判的人種理論」

 「教師たちは、私たちの子供を洗脳している」

 9月下旬、バージニア州ラウドン郡の教育委員会前で開かれた抗議集会で、2児の父親のスコット・ミネオさんが訴えた。ミネオさんは「白人すべてが人種差別主義者であるかのような誤った教育を学校がやっている」と主張する保護者団体の代表だ。

 取材に対してミネオさんは「いまの学校では、白人の生徒たちは抑圧者で差別主義者だと見なされ、すべての問題は白人の責任だと言われている。こうした考えを教えられた黒人やヒスパニックの生徒たちが大人になったら、自分たちに起きるすべての問題を白人のせいだと考えてしまう」と語った。

 米国の保守派の間ではこの1年ほど、こうした主張が急速に広がっている。

 一様に問題視するのが「批判…

この記事は有料会員記事です。残り2350文字有料会員になると続きをお読みいただけます。