五輪金メダリストが「競技転向のススメ」 複数競技で思考に柔軟性を

野村周平
[PR]

 色々なスポーツを経験して、自分に最も合った競技を見つけて――。

 東京オリンピックフェンシング男子エペ団体で金メダルを獲得した見延和靖(34)が8日、「競技転向のススメ」を説いた。

 見延は、日本スポーツ振興センター(JSC)が2017年から始めた、競技転向などで埋もれた才能を発掘する「Jスタープロジェクト」の5期生募集記者会見に出席。7人制ラグビー白子未祐、パラカヌーの小松沙季らとキャリアを振り返った。

 小学校時代は地元・福井のスポーツ少年団で空手に熱中した。中学校では部活動でバレーボールに打ち込み、高校でフェンシングに出会ったという。

 「空手では相手との間合いやカウンターのタイミング、バレーでは細かい足運びや跳躍力がフェンシングに生きている」と語った。

 複数競技の経験は、メンタル面でも役立っているという。

 「頭の柔軟性を持てる。僕は今も、一つの考え方に固執しないよう心がけている」

 五輪の金メダルについては「バレーをしていたから、個人戦より団体戦で勝つ喜びが大きいことを知っていた。だからこそ、仲間と喜びを共有したかった」と笑顔で話した。

 フェンシング転向は父親のススメだった。

 「最初の一歩は難しいかもしれない。だけど、誰かに背中を押されて、その一歩を進んでもいい。可能性を信じて、自分たちが好きなものを探してほしい」と見延。

 Jスターの修了生からは4選手が東京パラリンピックに出場。五輪競技でも、年代別日本代表や強化選手が出てきているという。

 JSCは、五輪10競技(7人制ラグビー、重量挙げトライアスロン、バスケット、ハンドボールビーチバレー、ボート、ホッケー、陸上、スケルトン)とパラの夏季冬季全28競技について、12月末まで志願者を募集する。

 基礎体力の測定などをクリアすれば、約1年間、合宿や練習に参加でき、その間の資金やコーチングの支援が受けられる。高校球児だった選手がパラ陸上のやり投げに挑戦する事例なども出てきているといい、担当者は「それぞれのスポーツへの道筋を多く作ることが重要」と話す。(野村周平)