水族館前の海底に見慣れないエビ、実は新種でした「きれいです」

直井政夫
[PR]

 串本海中公園センター水族館(和歌山県串本町)は、水族館前の海底で採集したエビが新種とわかり、論文が海外の学術誌に掲載されたと10月29日に発表した。

 水族館係長の平林勲さん(31)が2018年7月、ダイビングをしていて、水深10メートル前後の海底で体長約5センチの見慣れないエビ1匹を見つけた。エビの分類の専門家で千葉県立中央博物館動物学研究科長の駒井智幸さんに識別を依頼。駒井さんが、国内では6種類しか見つかっていない「ミナミロウソクエビ」属の新種と判断した。今年7月までに4匹を採集し、いずれも新種とわかった。

 エビは、頭の先端から鋭くとがった2本の触角が飛び出している。この特徴で同じ属のエビと区別できるという。この特徴から、駒井さんは「トゲツノミナミロウソクエビ」と命名した。平林さんと共著で発表した論文が10月20日付でニュージーランドの学術誌「ズータクサ」(WEB版)に掲載された。

 採集された5匹は標本にされ、同博物館で保存。別に採集された3匹が水族館で展示されている。平林さんは「半透明の体に白い星のような斑点がある、きれいなエビです。ぜひ、見てください」と話している。(直井政夫)