立憲・小沢一郎氏、岩手県連の代表を辞任「責任取る」 慰留の声なし

有料会員記事2021衆院選立憲

中山直樹
[PR]

 立憲民主党岩手県連は8日、衆院選後はじめての常任幹事会を開き、小沢一郎氏(79)からの県連代表辞任の申し出を了承した。後任は年内にも決める予定。その間、高橋重幸・盛岡市議が代表代行を務める。

 小沢氏は先月31日に投開票された衆院選の岩手3区で自民党の藤原崇氏に敗れ、比例復活した。翌日、県連幹事長の佐々木順一県議に「このたびの選挙の結果について責任を取る」と申し出があったという。

 会議は小沢氏不在で、非公開で行われた。会議後取材に応じた佐々木幹事長によると、小沢氏は岩手3区の敗北だけでなく、比例の結果も含めて「県全体の責任を取った」という。会議で小沢氏慰留を求める声はなかったと明らかにした。

 1区で6選を果たした階猛氏…

この記事は有料会員記事です。残り263文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

2021衆院選

2021衆院選

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]