南極でコンパス、針はどこを指す?海を渡り1次観測隊の上陸地点へ

有料会員記事

中山由美
[PR]

 「南極でコンパスを使ったら針はどっちを向く?」

 よく聞かれる質問だ。2020年4月20日はその答えを体験できた日だった。

 冬の初め、私たち61次越冬隊は、隣の西オングル島へ出かけることになった。地図を手に、凍った海を歩いて渡る「野外講習」だ。朝食をすませ、弁当、地図とコンパス、長くて重い金属のゾンデ棒、スコップを手に出発だ。いつものように私はカメラやビデオ、三脚も抱えて歩くが、曇ると白い世界はどんより、モノトーンになって映えない。

 西オングル島は、昭和基地がある東オングル島の目の前で迷うほどではないが、オリエンテーリングのようにルートを確認しながら歩く。広げた地図の上にコンパスを重ねて「磁北がこっちだから北は……」。

 「磁北」という言葉には、あ…

この記事は有料会員記事です。残り768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。