カピバラ親子 いい湯だな 山梨市

永沼仁
[PR]

 山梨県山梨市の万力公園動物広場で、湯につかるカピバラの親子の公開が始まった。子どもたちの「巣立ち」が迫っており、一緒にくつろぐ姿が見られるのは、23日までになる見込みだ。

 南米がルーツのカピバラは寒さが苦手で、同園では毎年11月から「お風呂」を用意している。温度は約42度。最初はお湯を注ぐ音に驚いていたが徐々に慣れ、母親ルーナとゆっくりつかるようになったという。

 公開は土日祝日のみ。4匹の子どものうち3匹は、長野県飯田市立動物園に月内に引き渡されるため、5匹一緒の時期は限られてしまう。市の担当者は「できるだけ多くの人に見てもらいたいので午前から公開します」と話す。(永沼仁)