石川遼がツアー副会長辞任へ、大会も欠場 自主隔離中にゴルフ報道

[PR]

 男子ゴルフの石川遼(30)が9日、日本ゴルフツアー機構(JGTO)の副会長と、選手会副会長を辞任する考えを明らかにした。石川は米国から帰国後の自主隔離期間中に、一般客も利用するゴルフ場でプレーしていたと週刊誌で報じられていた。11日に始まる国内ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」(静岡・太平洋クラブ御殿場)も欠場する。

 石川は書面で、「帰国時に、空港の検疫にて登録した待機先(ゴルフ場)で、入国者健康チェックを毎日受け、14日間の隔離を行っておりましたが、一部至らない点があったことを重ねておわび申し上げます」と謝罪した。次週以降の出場については、JGTOの判断に委ねるとしている。

 米ツアー再参戦を目指す石川は先月下旬、来季の米下部ツアー出場権をかけた2次予選会に出場。最終予選会進出を逃して帰国し、三井住友VISA太平洋マスターズから国内ツアーに復帰する予定だった。JGTOは事実確認をした上で、臨時理事会で今後の処遇について決めるという。