元看護師に無期懲役判決 患者連続死事件、責任能力認めつつ死刑回避

土屋香乃子
[PR]

 横浜市の旧大口病院で2016年、入院患者の点滴に消毒液を混入して3人を中毒死させたなどとして、殺人などの罪に問われた元看護師、久保木愛弓(あゆみ)被告(34)の裁判員裁判で、横浜地裁(家令和典裁判長)は9日、無期懲役(求刑死刑)の判決を言い渡した。

 久保木被告はこれまでの裁判で起訴内容を認め、動機について、以前勤めていた病院で処置に手間取った際、患者の家族に責められて怖い思いをしたことなどから患者対応を避けたいと考えるようになったと説明。「(消毒液の)ヂアミトールを入れて私がいない時に亡くなれば(家族に責められる)リスクを避けられると思った」と述べていた。

 裁判では被告の責任能力の程度が争点となっていた。弁護側は被告が心神耗弱の状態にあったとして無期懲役が相当だと訴えていたが、家令裁判長は「犯行動機は了解可能で、その目的に沿って犯行手段を選択している」として検察側の主張通り、被告の完全責任能力を認めた。

 その上で、判決は「看護師としての知見と立場を利用したもので計画性も認められ悪質」と指摘しながらも、「動機の形成過程には、被告の努力ではいかんともしがたい事情が色濃く影響しており、酌むべき事情といえる」と判断。「死刑を選択することには躊躇(ちゅうちょ)を感じざるを得ない」と結論づけた。

 判決の言い渡し後、家令裁判長は「あなたが本日までに至った経緯、かなり詳細に我々も慎重に検討しました。苦しい評議でしたけど、我々全員が出した結論は無期懲役。生涯かけて償ってほしいというのが裁判所の結論です」と説諭した。久保木被告は「はい」と小さく返事をした。

 久保木被告は最終陳述で「身勝手な理由でかけがえのない命を奪ってしまい本当に申し訳なく思っています。死んで償いたいと思っています」と述べていた。

 起訴状によると、久保木被告は16年9月15~19日、点滴袋に消毒液を混入。興津朝江さん(当時78)、西川惣蔵さん(当時88)、八巻信雄さん(当時88)の3人を殺害したほか、五つの点滴袋に消毒液を混ぜたとされる。(土屋香乃子)

事件をめぐる経緯

2015年

5月 久保木愛弓被告が旧大口病院で勤務開始

16年

9月16日 興津朝江さん(当時78)が死亡

  18日 西川惣蔵さん(当時88)が死亡

  20日 八巻信雄さん(当時88)が死亡

  23日 神奈川県警が殺人事件と断定し特別捜査本部を設置

18年

7月7日 西川さん殺害容疑で被告を逮捕

  28日 八巻さん殺害容疑で再逮捕

8月18日 興津さん殺害容疑で3回目の逮捕

9月3日 横浜地検が被告の精神鑑定のため留置開始

12月7日 横浜地検が患者3人に対する殺人罪と点滴5袋に消毒液を混ぜた殺人予備罪で起訴

21年

10月1日 横浜地裁で初公判。被告は起訴内容を認める

11月9日 被告に無期懲役の判決

  • commentatorHeader
    太田泉生
    (朝日新聞コンテンツ編成本部次長=人権)
    2021年11月10日21時37分 投稿
    【解説】

    被告の「生きづらさ」に着目した、特徴的な判決だと感じました。 判決は、対人関係が苦手で問題解決の視野が狭いといった被告の特性を「酌むべき事情」として挙げ、被告が謝罪し償いたいと述べたことなどから「更生可能性がある」と評価しました。この