オーケーが集計作業に疑義、関西スーパーが反論 H2Oとの統合可決

宮川純一
[PR]

 関西スーパーマーケットとエイチ・ツー・オーリテイリングの統合を可決した臨時株主総会をめぐり、首都圏地盤のスーパー「オーケー」が集計作業に疑義を唱えたことを受け、関西スーパーは9日、「適法かつ公正に行われた」と反論する文書を公表した。

 オーケーは関西スーパーに買収を提案し、統合に反対していた。10月29日の総会では、統合案の可決に必要な議決権の3分の2をわずかに上回る66・68%の賛成で統合が決まった。

 総会検査役の弁護士が裁判所に出した報告書を確認したオーケーによると、賛成の委任状を出した株主が委任状が有効だと思い、会場で「棄権」とみなされる白票を投票。この株主が関西スーパーに確認した結果、白票が賛成票に変わり、変更前まで可決ラインを下回る65・71%だった賛成率が66・68%となり逆転したという。

 オーケーは8日、「投票を締め切った後に、投票内容を自社に有利に変更させることはあってはならない」と指摘。統合の差し止めを求める仮処分を9日にも裁判所に申請する方針を明らかにした。これに対し、関西スーパーは「会社法などに照らし、株主の意思を正確に反映した」と主張し、この株主が事前に出した二つの書類でも、投票用紙の回収時に口頭でも、議案に賛成の意思表示をしていたと説明している。(宮川純一)