「弁当7個を3個にしない?」と新庄監督 減量指示され清宮の返事は

有料会員記事

畑中謙一郎
[PR]

 プロ野球日本ハムの秋季キャンプ(沖縄県国頭村)で、来季から指揮を執る新庄剛志監督(49)が9日、「悩める主砲候補」の清宮幸太郎(22)に減量を指示した。

 新庄監督は「とりあえず、トライしようと話をしました。このままでは(清宮の才能が)もったいないでしょ」と意図を語った。

 午前の練習中、新庄監督がおもむろに清宮に歩み寄った。時に清宮の脇腹をつかむようにしながら、身ぶり手ぶりを交え、数分間、清宮に語りかけた。

 練習後、取材に応じた新庄監督はやりとりについて問われると、「ちょっとやせない? と伝えました」と即答。

 話は止まらない。

 「(やせると)打球が飛ばなくなる、と言われたんで、いやいや変えないとって。今もそんなに打球は飛んでないよねって。昔の方がもっと飛んでいた。それはスリムで体にキレがあったから。今はキレがない気がするから。やせた方がモテるよ、格好いいよって。今はちょっとぽちゃっとしているから。ダイエットって、人間的にも精神的にも鍛えられますから」と持論を語った。

 清宮は184センチ、103キロの巨漢。チーム屈指の大食漢としても知られる。こんな逸話がある。

 遠征先の仙台から大宮までの…

この記事は有料会員記事です。残り615文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら