TSMC、8千億円かけて熊本に新工場 ソニーGも570億円出資

鈴木康朗、台北=石田耕一郎
[PR]

 世界的な半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)は9日、新たな半導体工場を熊本県菊陽町に建設すると発表した。当初の設備投資額は約8千億円という。TSMCの大口取引先であるソニーグループも新工場を運営する合弁会社に570億円出資する。TSMCが日本に工場をつくるのは初めて。

 TSMCは、合弁会社に最大21億2340万ドル(約2400億円)を出資する方向。TSMCの日本進出をめぐっては、半導体の安定調達のために政府が働きかけていた。投資額の8千億円のうち約半分を日本政府が補助する見通しで、関連費用を今年度の補正予算案に盛り込む方針だ。

 工場はソニーグループの菊陽町にある半導体工場の隣につくる。2022年に着工し、24年末までの生産開始を目指す。新工場を運営する会社の株式の過半数はTSMCが保有し、ソニーグループは株式の20%未満を取得する予定だ。工場開設により約1500人の雇用創出を見込んでいる。

 半導体は回路の幅が小さいほど性能が高いとされ、TSMCが日本で計画しているのは、回路幅が22~28ナノメートル(1ナノメートル=1ミリの100万分の1)の前世代型だ。

 TSMCは10月14日の決算会見で、日本に半導体工場を建設する方針を表明。TSMCとソニーは、日本政府から強力な支援を受ける前提だとしている。(鈴木康朗、台北=石田耕一郎)