「起訴、不起訴の両面から何度も検討」 大阪地検特捜部、難しい判断

有料会員記事

松浦祥子、浪間新太
[PR]

 関西電力の元役員らが原発立地自治体の元助役側から多額の金品を受け取ったり、減額した役員報酬を補塡(ほてん)したりしていた問題。大阪地検特捜部は、市民団体からの刑事告発受理から1年あまりを経て、元役員9人全員を「嫌疑不十分」で不起訴とした。

 「捜査を尽くし、法と証拠に基づいて処分を決定した。起訴方向、不起訴方向の両面から何度も検討したので時間がかかった」。村中孝一特捜部長は9日、判断の難しさをにじませた。

 告発を受理した昨秋、検察幹部の間には、金品受領問題をめぐる起訴に慎重な見方が広がっていた。

 福井県高浜町の元助役(故人…

この記事は有料会員記事です。残り1013文字有料会員になると続きをお読みいただけます。