小6女児自殺、町田市が新たな調査委を発足へ 常設委の調査を検証

前川浩之
[PR]

 東京都町田市で昨年11月、市立小学校6年の女子児童(当時12)がいじめを訴える遺書を残して自殺した問題で、石阪丈一市長は10日の定例記者会見で、新たな第三者委員会となる「いじめ問題調査委員会」の初会合を22日に開くと発表した。委員会は弁護士ら5人の識者で構成し、今年度中に報告書をまとめるという。

 この問題を巡っては、市教育委員会の常設のいじめ問題対策委員会が調査をしてきたが、市は対策委の調査では不十分だとし、新たな調査委員会の設置を決めていた。委員会では、対策委が10月にまとめた経過報告書の内容を検証し、再調査するほか、タブレット端末を使った教育のあり方も検証する。前川浩之