1日間で9台も、埼玉で相次ぐランクル盗難 ドア解錠に新たな手口か

森下友貴
[PR]

 鴻巣や本庄など埼玉県内5市で9~10日、ランドクルーザー計9台の盗難被害が確認された。うち1台は車の配線に専用端末を直接接続してドアを解錠し、エンジンを始動させる「CANインベーダー」という新たな手口で盗まれていた。県内では今年に入り約80台のランドクルーザーが盗まれており、県警は大半でこの手口が使われたとみている。県警が10日発表した。

 捜査3課によると、9日午前6時15分~10日午前7時半、鴻巣、本庄、白岡、東松山、春日部の各市のランクル所有者から盗難被害を訴える通報があった。全て施錠されていたという。

 春日部市豊町内で被害に遭った男性のランクルにはGPSが付いており、茨城県常総市内の駐車場で見つかった。車を調べると「CANインベーダー」の手口だとわかったという。県警は他の8台も同一犯の可能性があるとみている。(森下友貴)