世田谷でトラックと自転車が衝突 生後8カ月の乳児が心肺停止

[PR]

 11日午前10時40分ごろ、東京都世田谷区鎌田3丁目の都道交差点で、東京都狛江市の女性(37)の自転車とトラックが衝突した。警視庁によると、自転車に同乗していた女性の生後8カ月の息子が心肺停止の状態で病院に搬送されたという。女性は顔にすり傷などの軽傷を負った。

 成城署はトラックを運転していた川崎市多摩区の運転手見村彰紀容疑者(54)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで現行犯逮捕した。当時は仕事中だったという。

 現場は東急線の二子玉川駅から約1・5キロの信号のない丁字路交差点。直進の自転車を同じ方向から左折しようとしたトラックが巻き込んだという。

 現場近くの自営業の男性(54)は、客を見送ろうと外に出た時に事故に気づいた。道路には母親とみられる女性が座り込み、胸にはだっこひもで乳児を抱いていた。ぼうぜんとした様子だったという。

 付近は車や自転車の往来が多く、男性は「スピードを出す人も多いので気をつけていた。やっぱり起きてしまったかという思いもある」と話した。