覚醒剤使用容疑で区議を逮捕 尿検査で陽性反応

[PR]

 覚醒剤を使ったとして、警視庁は東京都北区の男性区議を覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕した。同庁への取材で11日わかった。

 同庁によると、逮捕されたのは自由民主党議員団所属の区議、榎本一容疑者(53)。

 榎本容疑者は9日午後10時過ぎ、東京都台東区のJR上野駅入谷口付近で止めていた自家用車内にいたところ、警察官の職務質問を受けた。その後、上野署による尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たため、署が逮捕したという。車内からは覚醒剤の吸引用とみられるパイプも見つかった。

 榎本容疑者のウェブサイトなどによると、環境業界紙の記者や故・鳩山邦夫元衆院議員の政策スタッフなどを経て、1999年に北区議に初当選し、現在は6期目。北区議会事務局は「昼ごろ、ネットのニュースで把握した。現在、事実確認中です」としている。