夏も黒スーツ、コンビニ前で朝礼…トップ摘発の銀座スカウトグループ

有料会員記事

土舘聡一
[PR]

 東京・銀座の路上で、女性を高級クラブへスカウトする行為を繰り返していたグループが摘発された事件で、警視庁は、グループトップで中国籍の職業不詳リウ・ハンダー容疑者(35)=東京都足立区西新井栄町1丁目=を東京都迷惑防止条例違反容疑で逮捕し、11日発表した。調べに対し「女に声をかけるようスカウトに指示をしていない」と話し、容疑を否認しているという。

 都内でのスカウト行為をめぐり、警視庁が実行役の上位にいる指示役を共犯として摘発するのは初めてという。

 生活安全特別捜査隊によると、リウ容疑者は10月、配下のメンバーと共謀し、東京メトロ銀座駅東京都中央区銀座4丁目)で、通りかかった女性に「夜のお仕事紹介させてもらっています」と声をかけ、つきまとって勧誘した疑いがある。

 同隊は、このグループが銀座地区で最大規模のスカウトグループとみている。「Soreve(ソレイブ)」と名乗り、2018年以降、銀座の路上でスカウト行為を繰り返していたという。

 同隊はメンバーの供述などか…

この記事は有料会員記事です。残り413文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!