18歳の白人はなぜ、BLMデモで発砲したのか 裁判で被告人が説明

有料会員記事

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 表情にあどけなさの残る18歳の被告は、証言台で嗚咽(おえつ)し、それでもなお、「僕は何も悪いことをしていません」と言い切った。

 米ウィスコンシン州で昨夏、ブラック・ライブズ・マターBLM)関連の抗議デモの参加者2人を銃で撃って死なせたとして、第1級殺人罪などに問われた被告が10日、自らの刑事裁判で被告人質問に臨んだ。

 事件当時は17歳だった被告は、なぜ、銃の引き金を引いたのか。

 同州ケノーシャでは昨年8月…

この記事は有料会員記事です。残り2107文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら