宇野昌磨、練習で4回転次々着氷 「人格変わったわけではないが…」

有料会員記事

[PR]

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯(東京・国立代々木競技場)は12日、幕を開ける。

 開幕前日の11日は公式練習があり、午後2時40分からは男子の宇野昌磨トヨタ自動車)が氷の感触を確かめた。4回転ジャンプを4種類着氷するなど好調を印象づけた。

 曲をかけた練習ではフリー「ボレロ」に合わせ、4回転をループ、サルコー、トーループ2本の計4本決めた。

 練習中はステファン・ランビエル・コーチと何度も言葉を交わしながら、ジャンプや振りつけを確認。4回転フリップも着氷した。

 取材では「大会に向けてやるべきことをやってこられたと思う」と自信をのぞかせた。

 GPシリーズは第1戦スケートアメリカで2位。今大会の結果次第で12月のGPファイナル(大阪)進出が決まる。

 練習後の報道陣との主なやり取りは次の通り。

 ――NHK杯に向けて取り組んできたことは?

 これまでと変わらないのですが、フリープログラムの反復練習を含め、一番重点的にやっていたのはサルコーかなと思います。

 ――具体的にこの1年で成長できたなと実感できている部分は?

 すべてです。別人ではないで…

この記事は有料会員記事です。残り1529文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]